平日スノーボーダー☃

平日スノーボーダーのtoshiと申します。 学生からスノーボードを初めてかれこれ10年。 最近は雪にどっぷり浸かったシーズンを過ごしています。 このブログでは訪れたスキー場や、近くのご飯処などを ダラダラ書いたりしていきます。 1985年、山梨県生まれ、東京都に生息中

日帰りボード☃️(川場スキー場3回目)3月21日

どうも、Toshiです。振り返りラストは毎度ながら川場スキー場へ行ってきた件です。ホームゲレンデは?って聞かれたら川場っす、とすんなり出てきます(笑)連日の暖かさの後に寒波が訪れまして、この日はなんと雪!3月に雪とかほんと有難いです。f:id:tosi0825:20180914112650j:image
f:id:tosi0825:20180914112647j:image薄っすら積もる程度でしたが、いい感じでした!

シーズン最後はちょいガス

この日がシーズン最後になりましたー。締めくくりには良い日となりましたが、連日暖かくて溶けた雪が、急に寒くなりカチコチになってるのは恐怖です(笑)コケた時の膝や尻への衝撃が電撃レベル、そう感じているのはToshiだけではないのではないでしょうか。f:id:tosi0825:20180915230813j:image

あちこちにある壁はガチガチで、恐怖心が勝りあまり遊べずでしたが、普通のコースは時間が経つにつれてふわっとした感じが味わえたので、この時期としてはGoodでした。f:id:tosi0825:20180916081713j:image欲を言えばドカ雪で15センチ位積もってくれたら良かったのにと思いました。(笑)この日は昼まで滑り、お昼を食べて少し滑ったら早めに切り上げました。

やっぱりピザがいい

Toshiの中でお気に入りとなったボスコでのランチを食べました。スキー場で石窯で焼くピザを食べれるのは少ないと思いますよ。いやー、うまいっす。クワトロフォルマジロ1,300円と舞茸きのこピザ1,100円、そして最後だしと川場スペシャルポテト600円も追加して食べてみました。f:id:tosi0825:20180916083143j:image
f:id:tosi0825:20180916083146j:image

チーズ大好きなので、クワトロフォルマジロは超満足出来ます(笑)ちなみに川場スペシャルポテトは網状にカットされており、ボリュームが凄かった。正直2人で食べるなら、ピザは一枚でポテトだけでも良かったかなー、というのが印象です。午後も滑るのであれば食べすぎ注意、そしてビールが飲みたくなる事必須です(笑)

シーズン振り返り

今年はしばらくぶりに行ったスキー場や、初めましての所も色々行く事が出来ました。訪れた数をまとめてみたらこんな感じで、

神立高原1

舞子1

湯沢中里1

宝台樹1

妙高杉ノ原1

たんばら1

志賀高原2

かぐら2

川場5         計15

おや?今回川場3回目の記事なのにと思った方、そうなんです、実はあと2回川場には行っております(笑)ただ、滑りメインで写真も無くだったので、ネタにもならずでした。やっぱり川場ホーム認定できますね(笑)昨年に比べると10日程滑走日数が減ってしまいましたが、15〜20日程度が体力的に無難な気がします。

早割券の消化について

シーズン前に購入したものですが、残念ながら全部使い切れずオークションなどで手放したりしたものもありました。f:id:tosi0825:20180917084412j:image八海山と焼額山とさかえ倶楽部、諸事情で行けずじまいでしたが、ヤフオク焼額山や八海山などメジャー所はすぐに引き受け手が現れ、額面の9割程度では手放せましたが、さかえ倶楽部は‥売り出されていたものも多く、また非常に安値であるため、手間も考え勉強代としてそのままにする事にしました。

早割券は早期でなければ手に入らない分安いですが、行けなかった時のリスクも考えると、ヤフオクやメルカリなどもうまく利用して揃えるのもありかなと痛感しました。

前シーズンの振り返りがようやく終わりましたので、今期の準備やら新たなネタも含めてまた書いて行こうと思います!

日帰りボード☃(川場スキー場 2回目)3月14日

どうもToshiです。3月の振り返りですが、いつもお世話になっている川場スキー場に行ってきた時の内容です。川場スキー場といえば、今年30周年を迎えたそうで、大人シーズン券55,000円を30,000円で限定販売するというのをFacebookで拝見しました。300枚限定となっていましたがすでに完売御礼状態で、9月に追加販売しますとなったそうです。シーズン券はすごく憧れる夢のチケットではありますが、Toshiはあと何回行かなきゃ元取れないな・・・と数えてしまう貧乏性ですし、ノルマのようになってしまうとせっかくのスノーボードが楽しくなくなってしまう恐れがあるので、購入は見送りました(笑)興味がある方はチェックしてみてはどうでしょう??

まとまった降雪は無く・・・

f:id:tosi0825:20180905182128j:image

3月ですからね、ハズレの時もあります。が、あんまり早く暖かくなられちゃうと、そろそろ最後か?なんてこっちも心の準備があるのでもうちょっと余韻に浸らせて欲しいもんです。(笑)f:id:tosi0825:20180905182755j:image当日はホワイトデーでしたが、周りも真っ白というわけにはいきませんでしたよ。そういえば前年は草津でガスって見えないリアルホワイトデーを過ごしてました。

tosi0825.hatenablog.com

この日は緩い雪質でまさに春といった感じでしたんで、コケることを気にしないで練習に励みました。ちょうどクリスタルコース横に雪がもられてコースが分かれており、3月28日に行われたM&Mバンクドスラロームの準備をしていたところのようでした。ディガーさんたちが作業しているのを見かけましたね。すごく楽しそうなイベントですが、こういった土日のイベントに参加できないのも平日スノーボーダーの宿命なのです。f:id:tosi0825:20180905184222j:imageあと、試乗会も(笑)

mmbankedslalom.blogspot.com

お昼はホットドック

お昼は7階にあるPIER39でホットドックとサンドを食べてきました。ボリュームがあり写真ばえもしますのできっと女子ウケしますよね(笑)f:id:tosi0825:20180905190039j:image

写真はイマイチですがフィリーチーズステーキサンドとチリドッグ、味がしっかりしていてうまかったです。どちらも単品だと700円でクラムチャウダースープとドリンク付きで1,200円ですよ。余談ですが、アメリカのソウルフードホットドッグ。アメリカ人1人あたりの年間消費量は60本なんだそうです。多いですね~(笑)ジャパニーズソウルフード牛丼でも60杯も食べない気がします。

スキー場の大きなフードコートとは違い、こじんまりとしたCAFEという感じですので、男同士でもいいですが気になるあの子といってもいいんじゃないかと思いますよ。

川場スキー場には長らくいってましたがあまり来たことがなかったPIER39さんですので、今後別のメニューも食べてみたいなーと思います。

志賀高原1泊2日⛄️(3月7日 奥志賀高原スキー場)

どうもToshiです。お盆休みは実家でダラダラ過ごした夏休みとなりました。シーズンインもじわりじわりと近づいてきて、そろそろショップ巡りでもしてみようかと思っている今日この頃です。間があいての志賀高原2日目の振りかえりです。

2日目は奥志賀高原スキー場

前日泊まったオリンピックホテルから車で約15分程の場所に奥志賀高原スキー場はあります。全山券があれば、一の瀬→焼額山→奥志賀と滑って小一時間程でいけますので、時間に余裕がある方はアリですよ。Toshiはその日に帰るので、ゴンドラ乗り場まで移動させてしまいます。

車で行くと駐車場は二箇所ありまして、手前と奥のみとなります。手前はゴンドラ乗り場があり、名物のダウンヒルコースに直結します。駐車場はわりとコンパクト。いつも平日にいくのでいっぱいになったところは見たことがないですが、土日はいっぱいになるのか?といった感じです。

奥は駐車場は更に5分ほど進んだ場所になり、こちらは通常のリフト乗り場になっていて、ファミリーゲレンデに通じています。駐車場は割と大き目で、ホテルやペンション、センターハウスがあるのはこっち側になります。去年昼ごはんを食べに利用した奥志賀高原ホテルはこちら側ですよ。

tosi0825.hatenablog.com

ちなみに今回のリフト券は、帰りのことも考え奥志賀限定の4時間券3,500円を利用しました。去年みつけたスマリフの3月限定3,800円食事券1,000円付きが出ていなかったので、もしかしたら運営側が大盤振る舞いしすぎた?のか思ったより利用が少なく今年はなかったのではないかと勝手に想像しています。Toshi的には非常にありがたい券だったので、来シーズンも出ないかまたチェックしておこうと思います。

この日も暖かく新雪はなし・・・

当たればいいんですが、やっぱり3月ってハイシーズン抜けた感が若干ありますね。今年はなんだか暖かくなるのが早かった気がします。Toshiの懐具合は相変わらずスースーしてますが。去年の同じタイミングできたときはパウダー祭りでしたので、その違いを写真で比べてみるとこんな感じです(笑)

上2017年f:id:tosi0825:20180905164959j:image下2018年
f:id:tosi0825:20180905165002j:image

今年も期待していたんですが、ダメでしたので次回に期待するしかないです。ちなみにこのリフト下はBCコースとして解放されています。入口はダウンヒルコースに2箇所あるようです。

f:id:tosi0825:20180905165441j:image
f:id:tosi0825:20180905165435j:image

ゴンドラ下から右手に降りていくと、ハイカスケードパーク手前に降りていくようですが、BCエリアなので様子だけみて引き返しました。

お昼を食べてさて帰ります

お昼はダウンヒルコース下にある、カフェ ル・シャモアで食べましたよ。店員さんに外人さんもおりなんだか異国情緒の味わえるお店で好きです。好みは分かれると思いますが、Toshiは気に入っています。値段は忘れてしまったのですが昼に食べたピザがボリュームがあり、チーズがたっぷりですごくうまかったです。帰りの運転がなければぜひ一緒にビールを飲みたかったー!f:id:tosi0825:20180905170527j:image

そんなことで、朝からお昼まで滑って終了となりました。ダウンヒルコース以外にもファミリーゲレンデ側にも行ってきたのですが、個人的にファミリーゲレンデにあるキッズ林間コースがはまりました(笑)スピードを出すでもなく、緩やかに木々を抜ける感覚はツリーランの練習になるような気がします。気のせいかもしれませんが。(笑)

そういえばゴンドラ側のリフト券売り場でご当地ステッカーが売っています。ちょこちょこ集めてたので今回も買っていったのですが、去年は某ゴーグルメーカーさんのロゴをモロパクリしてOKUSHIGAっていうステッカーがありましたのは内緒です(笑)

志賀高原1泊2日⛄️(3月6日一の瀬ファミリー〜ジャイアント)

どうもToshiです。気づけば、夏です(笑)去年はリアルタイムで更新しようと思ったはずなのに、ダメですねこんにゃくの意志でした。(笑)引越しやらばたばたしていたのもありましたが、シーズンアウトしてから随分経っちゃってますけどね。うすーい記憶を頼りに残りを書いてみたいと思います。

志賀高原の一の瀬ファミリーゲレンデ

毎年1回は行きたいと思っている志賀高原ですが、今年も行ってきました。奥志賀高原スキー場を絡めて泊まりで行くため、位置的に一の瀬がちょうど良いということで例年志賀高原オリンピックホテルにお世話になっているわけですが、ホテルの詳細は過去記事任せにしちゃいます。

tosi0825.hatenablog.com

遊びに行った3月は比較的暖かくなり、融雪も進む状況でした。前日は雪マークも出ていたため少しだけ期待していたのですが、うっすら積もった程度で比較的硬いバーンとなっていました。残念。f:id:tosi0825:20180809165456p:image

 東京出発練馬IC通過が7時頃とやや遅めでしたが、ホテルへの到着は11時と約4時間で到着いたしました。オリンピックホテルは事前チェックインができて、大広間の更衣室兼荷物置き場が使え、貴重品はフロントにあずけておくことができるので、安心ですし時短にもなりますよ。今回は4人で行き、朝晩付きで6700円でした。前回は7200円でしたのでほぼ同じくらいで相変わらずコスパの良さを感じます。

 天気は快晴、お昼ご飯を食べに移動

f:id:tosi0825:20180809171107j:image

 文句なしの快晴で、木々が白くなっているので前日すこし 降ったのがわかります。移動先はジャイアントコースにあるホテルベルクなのですが、ここでちょっとした事件がありました。

コースをガンガン下って目的の場所に到着し屋内に入ったのですが、なんか店の雰囲気が違うなーと感じたのです。利用客が多かったこと?もありますが、店の形が違いメニューも違う。違う建物?いや場所はあっているしなーと違和感は感じていたのですが、改装でもしたのかなと納得してしまい注文を出してしまいました。どうも気になると食べたあとに外に出てよく見てみたら、隣の建物がベルクで自分たちが入っていたのはその隣の建物だったと気がつきました。人の記憶って曖昧だなと感じた瞬間だったのですが、一緒に行った一人はどうしても名物のスタミナおじやが食べたいと、昼を2回食べることとなりました(笑)うっかり隣の店に入ってしまったお話です。

お昼後は焼額山スキー場を目指す

この滑り方は進んだ分だけ戻らなければならないというデメリットがあります。普段のスキー場ならコースをぐるぐる回っていることが多いですが、なにぶん広く複数のスキー場をまたいで目的地までいくので、帰るのもちょっと大変です。変化が多く同じコースはないので楽しいは楽しいですが、同じコースで楽しい場所を見つけるほうがToshiの性格あっているようです。

f:id:tosi0825:20180809172813j:image3時頃焼額山スキー場についた頃には雲海が見えました。こういった風景を見ることができるから山へ行くのはやめられないですよね。今のところ冬山限定ですが(笑)夕方まで焼額山スキー場を滑りこの日は終了しました。

ちなみに、志賀高原のリフト券はお高めと有名です。全山共通のチケットは5000円ですが、正直一日でそんなに回れないなーというところです。行く場所が決まっているのであれば、中央エリア限定リフト券や、各スキー場で出しているスキー場限定リフト券の利用もアリだと思います。宿泊施設でも割引料金で販売しているので事前に確認すると良いと思いますよ。ちなみにToshiは今回Yahooオークションで全山券を1枚4100円で譲っていただきました。オークションサイトやメルカリなども上手く利用すると、費用の圧縮もできると思いますので、宿泊の際はよく調べてみましょ。そんなことで1日目は終了です。手抜き感満載ですが(笑)

 

 

湯沢1泊2日ボード(かぐらスキー場)2018年2月28日

どうもToshiです。更新まで間が空いてしまいました‥。今年は四月、五月にプライベートでの予定が重なってしまったため早々とシーズンアウト➕更新できず。気がつけば6月なのにまだ2月末の振り返りなので、去年とまったく同じ現象です(笑)記憶と写真を頼りに残りも作っていきたいなと思います!

2日目?はかぐらスキー場(田代エリア)へ

前日のまさかの滑れない1日を過ごしたわけですが、考えてみると冬の時期に休まず毎週滑りに行くと、どこかで息切れを起こすんですよね。体力の限界値が低くなったのであろうと思いますが、受け入れたくない瞬間です‥‥。そんな時にあえて1日は滑らないでゆっくりしてみるという楽しみ方もあるのかなと、ボンヤリとですが思いました。発想がジジイになりかけてる気もしますが、幅を広げゆとりを持つ事も大人への道だろうと思った訳であります。(笑)

かぐらスキー場の田代エリアは平日行くと比較的空いているため、基本練習や大きなターンをするのに向いていると感じます。田代エリアはゴンドラを上がったあと、ひと滑りしながらペアリフトを目指すのですが、目の前の田代第1ゲレンデの一枚バーンは滑りごたえがありますね!f:id:tosi0825:20180526211558j:image

田代エリアの難点は、ゴンドラから先に進むために一度滑り降りなければならない点ですかね。迂回路もありますが、多少滑れないとここで時間をロスする事となってしまいますので、初心者と行く場合には多少配慮が必要かと思います。

先を進み、いつものように田代第1高速リフトを目指しグルグル回すのですが、ハイ、人がいません(笑)

f:id:tosi0825:20180526212657j:image殆ど貸切みたいな雰囲気が、平日の田代では味わえますゆえおススメです。コソ練にはもってこいなので、平日来れる方は一度味わってみてはいかがでしょうかー。

施設が素敵なレストラン「アルム」

ここもなんども来ているので、たまには違うものを食べてみようと、オムライスを頼んでみました。

ん?ちょっとビジュアルが中途半端な‥開ききっていない笑  味はいいのですがビジュアルがイマイチ、値段も確か1300円ぐらいでしたので、ちょい高めですかね。個人的にはもう少し量が欲しいところです笑
f:id:tosi0825:20180603202545j:image

f:id:tosi0825:20180606231235j:image

今年もやってた県民デー(比較版)

そういえば、去年だいぶお世話になった県民デーが今年もやっていたので比較用にとっておきました。(※今年のは3月になってから撮った奴です笑)

f:id:tosi0825:20180606232133p:image
f:id:tosi0825:20180606232127p:image

去年はリフト券のみで3000円でしたが、今年は1000円分の食事券付きで4300円でしたので、実質300円の値上がりと言う結果でしょうかね。景気が上向いたからの値上げなのか、依然私のサイフはホクホクには遠い位置なので、しょんぼりしてしまう内容ですが仕方ありません!まあ、前の値段設定が安かったきもしますけどね笑

今のところの最安値は前売券の2枚綴り6,500円かなと思いますが、日にちが合えばこの県民デーも引き続き使って行きたいなと思いました。来年もありますようにっ!

湯沢1泊2日ボード(滑らず)2018年2月27日

どうも、Toshiです。例年より暖かいせいか桜も四月を待たずに散り始めていま‥いや、散ってしまいましたね。ここ数年、花見ってなに?状態で過ごしていましたが、いつかちゃんと花見してみたいですな。(笑)相変わらずリアルな時間との差が開いてきてしまってますが、振り返っていきます!

相変わらずの湯沢ですが‥

27日28日と泊まりで湯沢へ行き、八海山とかぐらスキー場田代エリアに行く予定でおりました。  が、前日の飲み会で深酒をしてしまい、帰りの電車で寝て行ったり来たりを繰り返しなかなか帰れず。最後には振り出し駅に戻ってしまいタクシーで帰る羽目に。朝起きたら10時でした。(笑)起きる気ではいたんですがね、体は正直でしたよ‥。

明らかに二日酔いだったため、諦めて家の事や雑務をこなして、夕方から泊まる所へ行く事に変更、そんな1日目スタートです。お酒にまつわる失敗は数知れずありますが、滑れないっていうのはーやっぱり応えますね、季節モノなだけに。1日を大切にしないとなと改めて実感しました。(笑)到着はもう夕暮れ。なので夕飯からのスタートです。

初めてのお店で夕飯を

湯沢エリアは行きやすい反面マンネリ化しやすい場所だとToshi的には思っています。行き慣れた店に通い詰めるのもいいですが、たまには新しい店にも行かないと進歩もないので、行ってまいりました。

今回はお蕎麦屋さんの「しんばし」。湯沢で検索するとすぐに出てくるお店ですが、まだ行った事が無かったんですよねー、なので気持ち新たに行ってみました。

f:id:tosi0825:20180405213357j:image2017年夏に店内のリニューアルがされたということもあり、めちゃきれいです。f:id:tosi0825:20180405213757j:image和モダンという表現がいいのでしょうか、凄く大人な雰囲気が漂うお店でした。創業85年と歴史のあるお店で、地域の

食材を使用した旬の味覚や地酒が楽しめるお店です。勝手なイメージですが、お蕎麦屋さんで呑めるようになったらナイスミドルの仲間入りができると信じています(笑)

迎え酒する体調ではなかったので、お酒は我慢しておきました。f:id:tosi0825:20180407134308j:imagef:id:tosi0825:20180407134401j:imageへぎそばと天ぷら盛り合わせとにしんの煮付けを注文させて頂き食したわけですが、舞茸天が超ボリューミーでサクサクでした!大きすぎてどこから手をつけるか悩むぐらいでしたよ。にしんの煮付けは甘塩っぱく日本酒にピッタリな味付けで、呑めない自分を悔やむ内容でした。へぎ蕎麦も喉ごしつるっと美味しくいただきました!今度は体調万全な時に飲みに来たいと思います!

結果的にゆっくり食事を楽しむ?事になりましたが、滑り以外にもまだまだ魅力的なお店がたくさんあるので、どんどんと訪問してみたいと思います!

日帰りボード☃️(妙高杉ノ原スキー場)2月20日

どうもToshiです。花粉の時期ですね。外回りの仕事にはキツイ季節となってきました。毎年の事ですが、やっぱり辛い。そんなときは外回りから帰った際にアイボンと、コンタクトのすすぎをしています。めちゃスッキリして仕事中のパフォーマンスにかなり差がでますのでおススメです(笑)

 

久しぶりっ!妙高杉ノ原スキー場

今回は豪雪地帯の新潟県妙高エリアへ遊びに行って来ました。f:id:tosi0825:20180325213154j:image本来なら泊まりで行きたい距離ですが、つれのスケジュールもあり日帰りで行く事に。めでたく日帰り最長記録更新となりましたね(笑)

家からスキー場までの距離を調べたら往復520km、うち下道区間は20km。全行程の96.2%は高速道路というなんとも時間の読みやすい工程となりましたが、単調なフル高速は辛かったです。。

学生の頃毎年来ていた場所でしたが、いつしか時間効率を重視するようになり、しばらく足が遠のいてしまっていました。頻度は減りましたがToshiが大好きなスキー場の1つです!

基本情報ですが、ゲレンデトップが1,855mと結構高い場所になります。ボトムは731mとやや低めなので、場所で雪質が全然変わってしまいます。良い方に変わるといいんですけどね、この日は生憎の曇天。f:id:tosi0825:20180325212809j:image運命だと諦める事も肝心ですね(笑)

ちなみに同じプリンス系のかぐらスキー場もトップが1,845m、ボトムが620mと似たような環境ですよ。ただ、縦にながーい妙高杉ノ原スキー場、おまけにコース幅もあるので滑りごたえ抜群です。縦に長いその距離は最長8500mというスパルタン仕様ですので、足腰に自信のある猛者は是非ノンストップで滑ってみてください(笑)

さてさて、妙高杉ノ原スキー場は杉ノ原エリアと三田原エリアの2つに分かれます。杉ノ原エリアはゴンドラが利用でき、比較的なだらかな斜面が続くので、初心者向けのエリアだと思います。ゴンドラだけでも3km程ありますので反復練習にはもってこいいだと思います。

三田原エリアは 初級パノラマゲレンデにかかる三田原第2高速リフトと、中上級のしゃくなげコース、スーパージャイアントコースがある三田原第3高速リフトがメインとなります。全長1kmのSUGIパークもありますので、パウダー、フリーラン、パークとなんでも遊べますよ。個人的にはこの三田原第3高速リフトが1番好きですね。

 

上へ参りますっ!

車を駐めてゴンドラへ乗り上部を目指すわけですが、この日は見通しの悪い霧状態で雲の中を滑る事となりました。f:id:tosi0825:20180326001411j:image多少雪も降っていましたのでコンディションはまずまず。ただ前が見えないので、おっかなびっくり滑るしか無いというつまらない状況になっていました。とりあえず最上部まで行こうと、三田原第3高速リフトへ乗ると、上部は雲の上でした♪f:id:tosi0825:20180327000639j:image

しゃくなげコースを下り第3高速リフトをひたすら回す事となりました。この第3高速リフトはしっかりとフードがあるため雪や風をしのいでくれます。寒さなんてなんのその!ですが、風で止まることもしばしばあるのでご注意をっ!

雲海にダイブ!を繰り返しましたが、お昼が近づくにつれて雲が下がり晴れてきたので、見通しのきく環境となりましたよ!このでっかいスケールのゲレンデがたまらないです(笑)f:id:tosi0825:20180327005429j:image 

ランタイムっ!

パノラマゲレンデ下には個人経営の三田原食堂街があります。スキー場のフードコートもいいですが、こういった個人経営のお店も魅力的です。今回初めてレストランサンアントンを利用してみました。店内はテーブル席でざっと30~40人ぐらい入れる感じで、二階の席もあるようでしたよ。で、焼肉丼とカツ丼を注文しまして、焼肉丼はにんにくが効いていて 非常においしく食べごたえもありました。臭が気になりますが後のことはひとまず置いておきましょう。f:id:tosi0825:20180329082246j:image

そして、ここのお店では小サイズソフトドリンクか小ビールがサービスで頂けて、なおかつ野沢菜付けもセルフというなんとも嬉しいサービスつきでした。雪山で飲むビールは平地の1.5倍増しにうまいと信じているので非常にありがたいです。雪山でちょっと楽しむことができるという素敵なサービスでした。f:id:tosi0825:20180329080635j:image他のメニューもまた試してみたいです。

久々に来てみて

いやー、やっぱりでっかいスキー場はステキです。コースレイアウトも初中級が多く、練習しながら滑るには十分すぎる広さがあります。

大勢で来てもみんなでワイワイできるでしょうし、コース幅が広いこともあるので比較的安心して滑れるのではないでしょうかね。

個人的には降雪時に朝イチ非圧雪のスーパージャイアントやスーパーモーグルコースを滑ってみたい願望があります。昔々来ていた頃には非圧雪の楽しみ方も知らない状態でしたから(涙)その為には深夜発か前泊必須な気がします。日帰り片道3時間の高速は割とハードな部類だと改めて実感しました。

ついでに妙高杉ノ原スキー場のリフト券割引についてですが、正規料金が4,500円となっています。プリンス系気持ち高めでしょうかね。前売り券は3,100円と約32%オフとなりましたが、距離がある分高速代とガソリン代が、かさみます。高速代はドラプラのウィンターパスを利用していくと、首都圏〜志賀・白馬・妙高プランが往復8,500円で利用できます。通常は往復11,860円かかるので、3,360円お得になるのでチェックしときましょう。2人で行って来たので割ると大体12,000円ぐらいでしょうかね。体力面やお財布面や時間で考えると良くはないですが、非常に満足度の高いものとなりました。次回は泊まりでまた遊びに来ようと思います。