平日スノーボーダー☃

平日スノーボーダーのtoshiと申します。 学生からスノーボードを初めてかれこれ10年。 最近は雪にどっぷり浸かったシーズンを過ごしています。 このブログでは訪れたスキー場や、近くのご飯処などを ダラダラ書いたりしていきます。 1985年、山梨県生まれ、東京都に生息中

紅葉狩りとスキー場パトロール

どうもToshiです。9月末は人事発令の時期なのですが、定期的な転勤辞令が出てしまいました。仕事の環境が変わり、順応するのに今四苦八苦しております。ま、サラリーマンですからしょうがないんですけどね、いろいろとしばらくは大変そうです。そんな変化に体力をすり減らされたので、気持ちを切り替えたいなーと思っておりました。ちょうどニュースで紅葉が見頃だと出ていましたので、温めていたツーリングコースをたどってみることにしましたよ。オフシーズンの一コマです。

長野方面へ(軽井沢鬼押出しハイウェイへ)

学生の頃スノーボードに目覚めたのと時を同じくして、バイクにも乗り始めておりました。時間はあるけどお金がないので、当時はひたすら下道を走りまくっていたわけですが、環境も変わり歳も取ると、乗る機会も年に数回というレベルまで激減しておりますので、たまに乗ると全身筋肉痛になります(笑)

今回温めていたコースは、関越自動車道から上信越自動車道の「碓氷軽井沢IC」を目指し、鬼押し出しハイウェイ(有料)を抜下り、今度は万座ハイウェイ(有料)を上り、万座温泉で一風呂浴びて、志賀草津道路を草津方面下り、関越自動車道の「渋川伊香保IC」まで戻ってくるという、450km程の行程でございます。途中でシーズン前のスキー場を眺めつつなんて思っておりました。

f:id:tosi0825:20171011230121j:plain

碓氷軽井沢ICを降りるとすぐ目に入る「高岩」。どーんと迫力があってすごく好きです。ここから軽井沢駅周辺までは気持ちの良いワインディングが続きますので、車でも気持ちの良い道だと思いますよ。この日は紅葉目当ての観光客も多くて、非常に賑わっておりましたが、Toshiは1人ロマンチック街道から鬼押し出しハイウェイを目指します。

f:id:tosi0825:20171011230710j:plain

浅間山をすぐ横に見ながら走れる鬼押し出しハイウェイは、軽井沢側から向かうと、鹿沢スノーエリアやパルコール嬬恋スキー場へのアクセス方法のひとつになっています。鹿沢スノーエリアも遊びに行ったことがありますが、比較的こじんまりとしたスキー場で、いつも空いているイメージですかね。HPをチェックしていたらリフトの延長工事をおこなっていたようで、回しやすくなるようですね。ただ、最上部へのリフトは運休しているのが残念です。

鹿沢スノーエリア/トップページ

パルコール嬬恋スキー場は4.5kmのロングランが楽しめ、しかもゴンドラ一本で最上部まで行けるスキー場です。初・中級コースが多いのでファミリー向けな気がします。

軽井沢最大級のスノーリゾート パルコールつま恋リゾート スキー&ホテル |

どちらのスキー場も今回は立ち寄っていませんが参考までに。

GoGo万座ハイウェイ!

鬼押出ハイウェイを下ると、次は万座ハイウェイへ突入です。実は万座温泉へは2年前の年末にスノボ旅行で遊びにきていました。その前からも何度か日帰り温泉は利用していたのですが、万座ハイウェイは走ったことがなく、この道路走ったら楽しそうだなーとずっと思っていたので、念願の訪問。ただいまって感じです。(笑)万座ハイウェイの紅葉はかなり進み、いい感じになっていましたよ。

f:id:tosi0825:20171011233620j:plain

当時宿泊した時はスキー場隣接のプリンスホテルですが、移動がないってほんと楽だなと心から思いましたね。あとはやっぱりお風呂です。硫黄の香りがたまりません。万座温泉では日帰り入浴をやっているところが多く、価格は500~1,200円程度となっています。で、今回行ってきたのは、「ホテル聚楽(じゅらく)」さん。

f:id:tosi0825:20171011233059j:plain万座温泉「法性(ほうしょう)の湯」は硫黄含有量日本一の超高濃度硫黄泉なんだそうです。硫黄泉はお肌がツルツルになる美肌の湯ですが、日本一と付くとやっぱり違う気がしますよね。(笑)ちなみに日帰り入浴は大人1,000円で、12時半~16時までとなっています。日祝は11時半からみたいなので、詳細はHPをご参照ください。

温泉に浸かって心身ともにリラックスするのが今回の目的だったので、小一時間ほど滞在させて頂きました。露天風呂から見える景色はサイコーですので機会がありましたら是非利用してみてください。ちなみに万座温泉は露天混浴のところがありますよ(笑)若い人は見たことないですけどね。

f:id:tosi0825:20171011235303j:plain

そんななかで、万座温泉スキー場の昔のレイアウト図が飾られていたので、思わず撮ってしまいました。

f:id:tosi0825:20171012000331j:plain

f:id:tosi0825:20171012000446j:plain実は今は閉鎖されてしまっているゲレンデもあるんですよね。当時のスキーブーム時代から考えると、運営するのも大変だよなぁと、しみじみ感じますが、このサイズならめっちゃ楽しそうです!昭和60年はToshiの生まれた年ですが、昭和感満載なワードがズラリと並んでますね。(笑)今の万座温泉スキー場の図と比べるとよくわかりますよ。

http://m.princehotels.co.jp/ski/manza/coursemap/pdf/course_map.pdf

志賀草津道路から草津国際スキー場方面へ

風呂も上がり帰路につきながら、草津国際スキー場方面へ志賀草津道路を下って行きました。この道路は冬季通行止めとなるため、草津から万座・志賀方面へは抜けれなくなっておりますよ。

f:id:tosi0825:20171014000907j:plain

ゴンドラ乗り場から山を見るとこんな感じです。うーん、こんな場所を滑っていたのかとしみじみ感じてしまいます。

f:id:tosi0825:20171014001303j:plain

ちなみに以前冬場に来たときに撮ったゴンドラ写真はこんな感じですが、見事に道路が埋まってますね。(笑)まもなく冬ですから早くこうなってくれるのを願っています。

苦さが美味い黒いやつ

以前過去記事で、ネタが無かったのでいつか食べたいもの~、と載せていたものを実食してきました。過去記事はこちらになります。

tosi0825.hatenablog.com

帰りは草津から渋川伊香保ICまで移動して高速でビューンと帰ってきたわけですが、嵐山PAへ寄り気になっていたブラックソフトクリームを食べてみました。夕方に写真を撮ったもので、背景に同化しかけています。さすがブラック!(笑)

f:id:tosi0825:20171014002124j:plain

お値段は360円と良心的。食べてみると、本当に甘くなく苦味が前面にくる感じです。エスプレッソ味となっていますので、コーヒーをブラックで飲む人は好きな味だと思います。Toshiはちょうど良い苦味で、苦味が引いたあとに少しだけ甘みを感じるような感じないような、そんな味でした。(笑)甘いのを一緒に楽しみたい方にはブラック&ホワイトという味もありますので、眠気覚ましにもぜひお試しあれ。

一日走り回って、やりたいことを詰め込んだ一日でしたが、オフシーズンにスキー場を見てみるのも意外といいな~と思いました。特に触れていませんでしたが、スキー場もグリーンシーズンの営業もやっていますので、景色を眺めて癒される、そんな休日もいいですよね。都会の喧騒に疲れたら自然の中へ行きましょう。(笑)

 

 

話題のカメムシ大量発生と雪との関係

どうもToshiです。シーズンインに向けてまだ準備もスタートしてません。

強いて言うなら、体力作りのためのジムへ通っているのと、飲み代を節約して冬の資金繰りをおこなっているぐらいでしょうか。普段から運動していないでシーズンインすると、ものすごい筋肉痛に襲われて後悔すると学んだため、筋トレやランニングを習慣にしています。前シーズンは万全の準備をして臨めたので、ほとんど筋肉痛に悩む事は無かったですよ。シーズンインから楽しむためには、太ももが大事です(笑)今からランニングとスクワットをしておきましょう!

話がそれましたが、カメムシと積雪の関係についてニュースになっていたのと、聞いたことがあったので、ちょっとだけ調べてみたという時事ネタと祈祷を兼ねた内容です。

9月末となれば冬まであと少しだーと、気持ちも高まってくる頃ですよね。一昨年は雪不足で去年は大雪でと来ましたので、今年の雪の降り具合がちょっとだけ気になってくるわけです。そんな中、先日鹿児島でカメムシが大量発生していると話題になっておりました。実際に住まわれている方は大変だと思いますし、農作物へも影響があるでしょうから、たまったもんじゃないですよね。ツイッターでも大量に画像があげられてましたが、恐怖すら感じるレベルでした。

news.yahoo.co.jp

で、そのカメムシが大量発生するとその年は大雪になると昔の人は言ったそうなんです。ツバメが低く飛ぶと雨が降るとか、カマキリの卵が高い位置にあるとその年は大雪とか、生き物達の動きから、先人達は天気など予測したということですから、昔の人はすごいなーと感心するわけですよ。まあ全部が全部当たるわけではなさそうですが、そうなる傾向が強いという事が分かるだけでも備えられますからね。

このカメムシの話、90年代は結構当たっていたそうなんですが、2000年代からは結果にバラツキが出てきたそうで、因果関係があるとも言えないとなったようです。近年の異常気象?の影響で極端な天気になってしまうかもしれないですね。雪のない冬とか考えたくもないですけど‥。

今年の冬は?

9月25日に気象庁から3ヶ月予報が出てきてました。Toshiがよくお世話になっている北陸方面ですが、今年は平年並みという事で期待をしても良さそうかなー?という気持ちで受け止めています。Toshiとしてはガッツリ気温低めの大雪希望です、去年みたいな(笑)気象庁|季節予報

まだ少し先ですが、今年の冬はどこに行こうか、しっかりと計画を立てて行きたいなと思います。

早割リフト券 そろって発売開始!

待ちに待った10月1日はリフト早割券が出揃っての販売となります。9月から先行してちょこちょこと売り出オススメしますが、お財布とよく相談して購入しましょう。

ネット販売で利用したことがあるのは4つあります。

1、国内最大級のスキー場・積雪情報サイト ‐ SURF&SNOW

2、2017-18 スキー&スノーボード 早割リフト券 |Snownavi

3、格安リフト券の通販サイト 冬スポ!!・POP SNOWリフト券ショップ

4、リフト券の通販ならウィンタースポーツのポータルサイトWINTER PLUS

それぞれ送料や支払い方法が異なりますので、ご自分にあったところを使ってみてはいかがでしょうか。ちなみに、神田の大手ボードショップでは確か店頭で早割券を扱っていたので、新しいギアを購入するときに見てみても良いと思いますよ。

スノーボードは比較的お金のかかるスポーツだと思います。学生の頃は満足できるほどできたかといえばそんなことはありませんでした。自慢じゃありませんけど、時間はあるけどお金がない状態でしたからね。社会人になってからは多少お金の余裕はできたものの、東京から雪山へいくのにはそれはそれは体力もお金も必要なわけです。加えて平日休みですから、圧倒的に時間の合う友人が少ないという・・・。(笑)そんなハンデ?にも負けずに、今年も知恵と工夫でシーズンを乗り越えていきたい所存です。

来シーズンに向けて

どうも、更新をサボり気味のToshiです。

夏場はスノーボードから完全に離れてしまうので、ネタがありませんね。ネタ探しの日々です。2017-2018シーズン向けに向けて情報収集してたら、こんなものを見つけました。

www.snowlove.net

長野県共通リフト券というもので、なんと30,000円で長野県内全スキー場で利用可能という太っ腹なシーズン券。抽選で200名ではありますが、長野県の83箇所のスキー場が滑れるようです。スキー場が出しているわけではなく、長野県索道事業協議会が発行しているものです。10回行けば十分元が取れるーと喜んだものの、気がついたのが先日で、もう応募期間は終わってしまっていました。残念。8月24日締切とのことでした。

冷静に考えてみると、Toshiの場合関越を利用しての群馬新潟方面が多いわけなので、もし買えたとしても手に余る可能性もありましたね。長野方面に行くことが多い人は来年チャレンジしてみてください。(笑)群馬県新潟県の共通シーズン券も探せばあるのでしょうかね?

今年もこの時期になりました

早いもので、もう早割りリフト券が発売となっていますよ!メルマガ配信登録しているSURF&SNOWからメールが来ました。9月中は発売数も少ないものの、割引率は大きいので、一度チェックすることをおすすめします。

snow.gnavi.co.jp

 

 個人的に狙っているのは、Mt,Myoko共通リフト券2500円です。(笑)妙高杉ノ原スキー場と赤倉観光リゾートと池の平温泉スキー場の3か所で利用可能です。ただ一点残念なのは妙高杉ノ原だけ一日券ではなく4時間券という点です。朝一からお昼までと割り切って行くのであれば3600円→2500円なので、1日目は赤倉観光リゾート、2日目の午前中利用で妙高杉ノ原なんていう使い方であれば、コスパもよく利用できるかもしれませんね。例年人気スキー場は早くなくなります。必要なものは早めに揃えて冬の出費を抑えてスノーボードを満喫しましょう。(笑)f:id:tosi0825:20170907001851j:image(注)これは去年のです。買いすぎには要注意

 

昨シーズン活躍した脇役たち その1

どうも、Toshiです。日本の夏はムシムシしてかないませんね。外に出ることが多い仕事をしているので、毎日滝のように汗が出ます。着替えをもってハンカチはタオル地の物を使っている、そんなオフシーズンを過ごしています。

昨シーズンの振り返りがようやく終わりましたが、思ったよりもだいぶ時間がかかっていました。気がつけば夏休みですね!海行ってますか?Toshiは海はしょっぱいので苦手です。海の家で水着ギャルを眺めながらビールを飲むぐらいがちょうどいい年頃になってきましたよ。目の保養ってやつですね。

そうこうしてる間にあと4ヶ月もすれば雪が降りますね(笑)本当に1年があっという間に過ぎていくので恐ろしいです。若い頃にはない感覚ですよね。1年365日なげーって小学生の頃には思っていましたが、老人になる頃には、この前~の話が10年前なんていう事になるんでしょうね・・・。一日一日を大事に過ごさなきゃと無駄に焦りますよ。話もそれましたが、今回は、昨シーズン活躍した小物をちょっとだけお話ししたいと思います。

足元編

Toshiがスノーボードを始めたのは、大学生の頃でしたかね。あの頃は、ウェアや小物一式を某スポーツショップで揃え、前シーズンの売れ残り三点セットを春先の特価の時に買った記憶があります。板の長さもよく分からず随分と短い板を買ってましたよ。店員さんも在庫が掃けるからと教えてくれなかったんでしょうかね?(笑)それでも短い板は軽いし取り回しやすかったような気がします。

スキー場に行く時にいつも地味に困っていたのは足元でした。だいたいいつもスニーカーで行っていたんですが、雪の日は靴は埋まるし、水撒いているところだとビチョビチョになりますよね。よく行く湯沢エリアは融雪パイプが道路にあるため、雪は無いが水浸しです。うっかりしていると水たまりにびちゃと浸かり、テンションがむっちゃ下がりますよね。

ブーツでレッドウイングやティンバーランドなどを履いてくる友人もいましたが、ガシガシ使うには気が引けるというか、革なんかは後の手入れも大変だなーと思ってました。

長靴ぐらい防水があって寒冷地で使えるものが欲しいなーと前から思っていたものが、SORELのスノーブーツでした。THE NORTH FACEのスノーブーツも気にはなっていたんですがね。もこもこした感じが可愛らしいのですが、おじさんには今後似合わなくなるような気がして、オーソドックスなラインを行くことにしました。(笑)

f:id:tosi0825:20170812165936j:plain

 SORELの1964パックナイロンという商品です。クラシックなウィンターブーツで、「極寒でも問題なしの履き心地」というキャッチコピーに惹かれ購入しました。見た目もカジュアルでタウンユースにも良さそうでしたよ。

使用してみた感じ(メリット)

すごいです。ブーツ内はインナーが入っていて外部の冷気をしっかりと遮断してくれるおかげでめちゃくちゃあったかいです。屋外での長時間の作業でも問題ないですし、水にばちゃばちゃ入っていっても全く濡れませんでした。ソール部分もかなりゴツゴツしていて滑りにくくなっていました。また、すねあたりまで高さがあるので、雪の中をずんずん進んでいくのにはピッタリでしたね。雪国へお泊りで旅行する、ちょっと街中を歩いてみたりする時には、頼れる足元になると思います。スニーカーなんかじゃ歩く場所を考えながら進まないとですもんね。

使用してみた感じ(デメリット)

製品についてのデメリットというよりは、使用シーンによってのデメリットだと思います。外気をしっかり遮断してくれるおかげで、ぽかぽかすごく暖かいのですが、足にミラクルフィットしているため車内などでは逆に暑くなりました。Toshiは非常に暑がりですので、正直車中脱いでいることも(笑)

また、運転する時にアクセル操作がしにくい点が難点かなと思います。長靴と一緒で足首を動かそうとすると構造上ふくらはぎにも動きが伝わり、結果細かな動きがしにくくなります。Toshiは運転中は脱ぐという方法で対処しましたよ。(笑)長時間外で履くことを前提にするのであれば、非常に重宝するブーツだと思いました。東京から行くのであれば、もう少し脱ぎ履きしやすい方がよかったかなーとも思いますが、まあ、あくまでToshiの個人的な感想ですのであしからず。。

 

総括的な

スキー場のお話も全て振り返ってしまったため、なんのネタを書こうかなーと思って今シーズン購入したものを書いてみました。無駄に多く雪山に行くので、便利さや不便さを感じ、考えることも多かったと思うので、そんな体験が一つ参考になるようなら嬉しいですね。その他にも書けそうなものを探してみたいと思います。

[ソレル] SOREL 1964 Pac Nylon NM1440-F14 011 (Black, Tusk/8)

[ソレル] SOREL 1964 Pac Nylon NM1440-F14 011 (Black, Tusk/8)

 

 

日帰りボード☃(川場スキー場 6回目)2017年4月4日

どうもToshiです。ようやく振り返りが終わりますが、季節は夏になってしまってました。ナンテコッタイ。来シーズンはきちんと並行して書きたいと思います。

4月のラストボード

3月までほぼ毎週行っていましたが、今年は雪に恵まれた年だと思います。昨シーズンは雪不足に悩まされてましたからね。贅沢をさせて貰ったと常々感じます。

最後を締めくくるのは、やはり川場スキー場でしょう。日帰り特化型のスキー場という認識で、コースは少ないものの豊富な地形が遊び方を増やしてくれますので、お気に入りです。

4月ともなれば、コンディションはザラメになりつつありますが、なんと前日に降雪がありましたよ!笑f:id:tosi0825:20170727225137p:image

神の思召しとか思えませんが、ラストには相応しい状況でしたので朝から遊びに行ってきました。道路には雪も無くスイスイです。溶けてるって意味ですがね(笑)

f:id:tosi0825:20170727230333j:image

クリスタルコース上部はまだまだ良かったので、ノートラックも滑る事が出来ましたが、ベースは春らしくシャバシャバでしたが(;´д`)f:id:tosi0825:20170727230412j:image

 f:id:tosi0825:20170728193843j:image

暑いのが苦手なToshiとしては結構こたえます。何本か滑ると汗がダラダラ出ますから大変ですよ。長く楽しむ方はここから五月まで行くんですよね。周りがお花見やらやってるなかまだ行くの?っと好奇の目に晒されるのもだいぶ慣れましたが、今年はこれにて終了でございます。花見も行けるタイミングでのシーズンアウトです。

2016-2017シーズン総括

今シーズンは25日の滑走日数でToshi的には多い年だったと思います。いちサラリーマンとしては頑張ったほうだと自分を褒めてあげたいですね。(笑)ま、上をみたら猛者がゴロゴロいるわけですが・・・、仕事してるんでしょうかね?素朴な疑問です。

遊びに行ったスキー場をまとめてみるとこんな感じでした。

かぐらスキー場 9日

川場スキー場 6日

志賀高原 4日(内訳 奥志賀高原 2日 焼額山スキー場 1日 志賀中央 1日)

石打丸山 2日

丸沼高原 1日

天神平 1日

ものすごく偏っていますね。(笑)行きなれたところの方が、ハズレもなく楽しめるという事はありますが、来シーズンの目標としては、行ったことのないお初のスキー場へも積極的に行ってみたいなと思います。

また、早割券や、イベントを駆使した結果トータルでかかったリフト券代は87,800円でした。この数字だけ見ると恐ろしいですね・・・。25日間で割ると、なんとアベレージは3,512円となりました。皆さんはどう感じますか?正直Toshiは満足できる数字ですよ。(笑)一回の単価が下がればより多くスキー場へ行けますからね、来シーズンに向けても情報は集めておきたいと思います。宿や車やガス代なども気が向いたらまとめてみようと思いますが、数字を見るのが怖いです。来シーズンもコスパを重視しつつ楽しめるように準備をしていきたいと思います。

夏の暑さが厳しく雪恋しい今日このごろですが、あと4ヶ月で雪降りますよ!(笑)来シーズンも雪がいっぱい降るように願っておきましょ!

湯沢ボード旅行 2日目☃(かぐらスキー場 田代エリア4回目)2017年3月29日

どうもToshiです。先日東京都内でゲリラ雷雨がありましたね。各地で雹が降り、池袋がカオスな状況になっていたのをテレビで見ました。道路脇に寄せられた雹が雪に見えたのはきっと私だけではないはず。最近の天気は極端ですからね、出先で遭遇した時には気をつけましょう。

湯沢2日目の振り返り

前日はかぐらエリアに行きましたが、翌日は田代エリアへ行ってまいりましたよ!前日に降っていた雪の残りを頂いてまいりました。ちょっと重めでしたが、3月下旬であれば上出来で、練習にはちょうどいい具合でしたよ。

f:id:tosi0825:20170718231959j:plain

f:id:tosi0825:20170718232234j:plain

田代エリアももう4回目なんですよね、相当お世話になりました。

田代エリアは緩斜面が多く初心者向けコースが多いエリアとなります。この日は田代エリアの一番かぐらエリア寄りの田代第6ロマンスリフトのダイナミックコースで遊んできましたよ。中級者コースとなっており、広い一枚バーンで滑りごたえもあります。

f:id:tosi0825:20170718233840p:plain

ちなみに上に見えるちっこいのはToshiです(笑)ここを中心に午前中は滑っておりましたよ。距離はそんなに長くはありませんが、良い練習になります。このダイナミックコースの隣にチャレンジバーンという上級者コースがありますが、降雪時には非圧雪を楽しむことができます。この日は、ボコボコで滑れる状況ではありませんでしたので、パスです(笑)まだ滑ったことがないのでいつかタイミングが合えば滑りたいです。

午後はさくっと帰宅、そして願望

暖かい天気でした。雪もだいぶ緩んでいましたので昼飯を食べたら暑いし、二日目ですしさっさと退散です。どこもよらずにまっすぐ帰ったため残念ながらネタがありません。(笑)なので、気になる願望を書き記しておこうと思います。

嵐山パーキングエリア(上り線)にある、「ブラックソフトクリーム」なるものです

。ビジュアルはなかなか衝撃的、エスプレッソ味とのことで甘いものではないみたいです。眠気覚ましには丁度よいですね。

tabelog.com

湯沢方面に行くことが多いのに、一度も寄ったことがないんです。理由はだいたい寝てるか一刻も早く帰りたい気持ちが勝り、うっかり忘れてしまうからだと思います。(笑)次は必ず、という気持ちでいればきっと思い出して寄れると思うので、いつかきっと食べたいものリストに加えておきたいと思います。(笑)

嗚呼、もう7月も終わろうとしているのにまだ先は長そうです。早く現実時間に追いつきたいです。。

 

湯沢ボード旅行 1日目☃(かぐらスキー場 かぐらエリア3回目)2017年3月28日

どうもToshiです、3月下旬まできましたがもう少しばかり振り返りにお付き合いください。

8回目のかぐらスキー場

振り返っていると、だいぶ偏っているスキー場が露呈してきいますね。3月下旬でも豊富な雪があるところとなると限られてしまうのもありますが、かぐらスキー場が意外と好きなんだと思います。(笑)

www.tenki.jp

3月下旬としては貴重な降雪がありました。前日から30cmぐらいでしょうか、気合を入れて朝5時過ぎに出発しましたよ。7時過ぎには到着したものの、ちゃんと天気予報を見ていたライバルが沢山いました。(笑)いわゆる猛者ですね。みんなとんがったパウダーボードなのでなんだか肩身が狭いです。f:id:tosi0825:20170708192949j:image

ゴンドラ第1便に乗ろうとイソイソと支度をしましたが、列の中程になりなんだか怪しい雰囲気でした。前列が進みドキドキしながら付いていくと、「ここまでで〜す」と係りの人が仕切ったのはなんと私までっ!ゴンドラを降りるのは一番初めだったので、先頭を歩き凄い緊張しました!緊張のせいかトイレに行きたくなり、すぐレストハウススノーマンに寄った為、結果第2便組と一緒という悲しい結果になったのは内緒です。まだノートラックのみつまたゲレンデ美しいです。f:id:tosi0825:20170708233813j:image

兎に角かぐらエリアを目指す!

かぐらエリア到着です。f:id:tosi0825:20170708234815j:imageこの時点で8時半ぐらいでした。天気は薄曇り?多少冷えてていい感じでした。

目標は皆一緒で「第5ロマンスリフト」通称5ロマ。コースオープンが9時半の為、それまではジャイアントコースや他の非圧雪を目指す訳ですが、トイレ休憩が響き、ジャイアントコースの美味しいところはほぼ終了してました。トイレは早めに行っとくべし!

2、3本流してから5ロマ前にいくと既にオープン待ちの方々が‥。f:id:tosi0825:20170708234725j:imageしれっと混ざって待ってみましたよー。コースオープンと同時にリフト迄スケーティングダッシュ!モタモタしてどんどん後ろに(笑)足がもつれるんですよ、きっとオーバー30は分かってくれるはず。リフトに乗ると素敵な光景が広がってましたー。f:id:tosi0825:20170708235642j:image

で、気がついたんですが、リフト下へ行く人が非常に多い為、5ロマの基本コースは誰もいなかったんですよね。なので1本目は基本コースでしれっとファーストトラック頂けました!(笑)偶然人の裏をかけた訳ですが、その後は、リフト下やリフト右手、左手ツリーランを昼まで頂きました。f:id:tosi0825:20170709000147j:imagef:id:tosi0825:20170709000201j:image

11時に1回目ギブアップ

8時過ぎから滑り出してますからね、3時間ぶっ通しは流石に大変。早々とお昼休憩の為、和田小屋に来まして、もつ煮と五目御飯を頂きました。和田小屋のご飯はほんと美味いです。f:id:tosi0825:20170709000609j:imagef:id:tosi0825:20170709000635j:image

お座敷でブーツも脱げるので快適です。

お昼休憩後は天気も回復してめっちゃいい天気!融雪も進み朝のバフバフは消え、ボコボコになりました。f:id:tosi0825:20170709002039j:image早起きして良かったと心底思いました。融雪が進んだ事もあると思いますが、スキーヤーさんが雪崩に巻き込まれる所を目撃してしまいました。ずっと雪面に体が出ていたし、仲間の方も近くにいたようで大丈夫そうでしたが、雪質の変化が早いから無理は禁物ですね。

f:id:tosi0825:20170709002003j:image(雪崩から脱出した所をリフトから望遠で)

朝が早かった為、2時半には本当にギブアップして下山し始めました。かぐらエリアからゴンドラ下って駐車場まで帰るのに、なんだかんだ40〜50分かかるので、つかれた体にはキツイです。でっかいゲレンデの弊害ですな。

宿は【ホテルニューモンド】再訪です。

前回使って意外と気に入ってしまいました(笑)コスパも良いですよ、過去記事はこちら。

tosi0825.hatenablog.com

前回は和室だったので、今回はツインルームにしてみましたよ。写真を撮ってなかったのですが、2人なら広さはちょうど良いです。お部屋の感じはHPを参照頂ければと思います。トイレが無駄に広く落ち着かないのは前回と一緒でした。(笑)

www.jalan.net

夕飯は湯沢に来るとよく立ち寄る「とんかつ人参亭」へ行きヒレカツを食べて来ました。土日は列をなすようですが、平日ではそこまで混む事もありませんよ。越後もちぶたを使用していて、柔らかな肉質でめっちゃ美味いです。ご飯がどんどんすすみます!そしてとんかつにはソースだと思いますが、ぜひ塩でお召し上がり下さい。旨味が凄い感じれます。(笑)f:id:tosi0825:20170709083028j:image

ninjintei.net