平日スノーボーダー☃

平日スノーボーダーのtoshiと申します。 学生からスノーボードを初めてかれこれ10年。 最近は雪にどっぷり浸かったシーズンを過ごしています。 このブログでは訪れたスキー場や、近くのご飯処などを ダラダラ書いたりしていきます。 1985年、山梨県生まれ、東京都に生息中

湯沢一泊二日ボード(湯沢中里スキー場)2018年1月30日

どうも、Toshiです。2月に入ってから風邪をこじらせまして、治りかけに滑りに行き再度ぶり返すという、風邪無限ループに一人はまっております。熱が38度あっても不思議と体が軽いのはなんでしょうか・・・。ちょっとだけ心配になります。ただ、インフルではなかったのははっきりしてます!2回も鼻から棒をつっこんで検査しましたから(笑)

はじめましての 湯沢中里スノーリゾート

今回は1月末のお休みを利用して、湯沢エリアへ遊びに行ってきました。いつもながら行くエリアは決まっていますが、今回はお初の湯沢中里スノーリゾートへ行ってきました。湯沢中里スノーリゾートは去年2017年10月に旧「湯沢中里スキー場」より改名しており、オールシーズン楽しめるリゾートを目指すようです。もともと高速からのアクセスもよく、緩斜面も多い場所という認識でしたので、ファミリー向けに特化したという感じでしょうかね。f:id:tosi0825:20180214231438j:image

Toshiが湯沢中里スノーリゾートを知ったきっかけは、スキーセンター内にボルコムストアがあるということを、記事かなにかで見つけたところからでした。スノボ帰りに見に行きたいなーと思っていて、実は12月シーズンインの時に、お店を見に来てました。置いてある商品は型落ちが多かったのですが、価格は50%OFFだったりとお得なものばかりでした。割引に弱いのでついつい小物を買い足してしまったのですが、本当に必要だったかは謎です。でもいいんです、雰囲気は大事です(笑)お店のおねーさんに話を聞いたら、シーズン初めであれば商品も充実しているとの事だったので、また12月に再訪してみたいなと思います。

コースなどなど

湯沢エリアの駅からも比較的近い場所にあるので、標高はTOPで702mとなっています。ただ、隠れたパウダーエリアということで評判になっているようです。Toshiがいったこの日も前日からかなりの降雪があり、30cm程度降雪がありバフバフでした。そして比較的緩斜面がおおいスキー場ですが、とんがったパウダーボードの人が意外と多いなという印象でした。地形を生かしたスノーパークやSIDE  COUNTRYが開放されていることや非圧雪コースも多いこともあるんでしょうね。f:id:tosi0825:20180214231207j:image

今回はTOPまで登れる第一高速リフトをメインに中級コースのパノラマコースから、NAKAZATO BANK YARDという地形を生かしたパークをずっと流していました。このパークがクロスコースの様な配置になっておりすごく楽しかったのですが、初めのうちは誰も通っていなかったため埋まって埋まって大変でした(笑)自分たちで滑ってならした後は、ある程度スピードも出てアップダウンを楽しめるパークでしたよ!f:id:tosi0825:20180214231515j:image

その他には、第一高速リフトからスカイラインコースを抜け、非圧雪のダイナミックコースにも行ってきました。この日はスタート時間が遅かったためだいぶ食い散らかされたあとでしたが、端っこの残りを楽しませていただきました。f:id:tosi0825:20180214231359j:image(※写真は非圧雪のトレーニングバーンです。ここもなかなか刺激的なコースでした。笑)

後で気がついたのですが、第二ロマンスリフトを使っていれば、非圧雪コース5本へアクセスできるという超効率的なコースだったみたいです。これは朝一から滑っていれば非圧雪を総なめにできるので、午前券(3,300円)でガンガン滑って帰るのもありですね。おまけにファミリー向けゲレンデなので、競争率は比較的少ない?のではないでしょうか。去年かぐらに行った時なんかは、ゲートオープン前からギラギラした人たちが列をなしていましたからね(笑)趣味でまで競争したくないのが本音です。

 

tosi0825.hatenablog.com

 

今回心残りの一つとして、SIDE COUNTRYパウダーエリアに足を踏み入れる事がなかった点ですかね。全部で4箇所エリアがあるのですが、一緒に遊びにいった同僚との兼ね合いもありましたので、これは次回の楽しみにとっておきたいと思います。スキー場がエリアとして開放してくれているのは非常にありがたいですので、絶対再訪します。

嬉しい来場者特典

Toshiはいつも平日にいくのであまり気にしたことがありませんが、駐車場の料金が無料という事がうたわれています。土日1,000円とかは多いですから、出費が減るのはありがたいですよね。また、駐車場の目の前に無料休憩所として電車(ブルートレイン)が置いてあります。f:id:tosi0825:20180214231606j:imageえ、なんで電車があるの?と初めは驚いたのですがうまいですよねー、ボックス席で区切られているから普通に休憩スペースでした(笑)ゲレンデサイドにあったので利用しやすいと思います。それから、中里スキーセンター4階に大浴場の「スパベルク」があり、スキー場利用客は無料で利用できるそうです。すぐにあったまれるのはありがたいし、なにより無料というのに惹かれます(笑)スキー場併設というとGALAや神立などにもありますが、別料金でしたからコスパという点でもポイント高いです。

利用としてはパウダー狙いの短期決戦

コースレイアウト的にガシガシパウダーを喰いに行くには向いていると思うのですが、全体的なコース距離は短めなのと中間の中級コースすくないので、圧雪コースでフリーランを楽しみたい人には少し物足りないかなーという気がします。初心者にはちょうどいい斜度が多いと思いますよ。Toshiが次に来るときは降雪後の朝イチ狙いの午前券で決まりです(笑)

あとは施設的なところですが、駐車場からアクセスできるのは中里スキーセンターかマウンテンテラスとなります。今回マウンテンテラスを利用して着替えをしようとしたのですが、ロッカールームではなくロッカースペースというオープンな感じで、着替えも試着室の様なカーテンで仕切られた1人用のやつが4こある感じでした。男性は気にしないでしょうけど、女性には若干抵抗を感じる仕様だと思いますので、着替えが必要な方は中里スキーセンターを利用したほうが良さそうです。ただ、スキーセンターも駐車場からは雪上をすこし歩いたりするため、荷物を持っていくには若干不便だと思います。可能であれば駐車場でちゃちゃっと着替えられるよう準備をしていくのが無難だと思いますね。

それからご飯に関しては中里スキーセンター内の「シェルブール」というメインレストランを利用しましたが、料理は正直可もなく不可もなくといったところでした。個人的に気になっていたのはVOLCOM STORE横のStoneCafeがだったので、ここも次回の楽しみに取っておこうと思います。

最後になりましたが、今回リフト券はセブンイレブンで売っているリフト1日券パックを利用しました。1,000円分の施設利用券がついて4,300円(実質3,300円)となりますので遊びに行くときは是非チェックしてみてくださいね。

 

 

日帰りボード☃(宝台樹スキー場 1回目)2018年1月4日

どうもToshiです。年明け一発目のスノボを月末に書くという遅更新です。サラリーマンとしてはノルマをギリギリにこなすみたいなイメージですね、多分ダメな方です(笑)去年から気になっていた宝台樹スキー場へ冬休みを利用して行ってきました!f:id:tosi0825:20180129082113j:image

沼田・水上エリアだと川場ばかり行っているので、マンネリ解消のためにも新しい領域へ踏み込んでみたわけです。なんというか、あれです、夫婦やカップルでも同じ日常じゃ飽きますからね。たまには奮発して旅行や食事をしたりするみたいな感じです。あ、刺激を求めて浮気はダメですよ、文春砲にやられちゃいます。

はじめまして宝台樹

f:id:tosi0825:20180127000020j:image

今回始めて遊びに来た宝台樹ですが、関越道「水上IC」より17km(約30分)の距離にあります。山深い場所にあるため、スタッドレスでも2駆だとスタックする恐れがあります。実際この日もスキー場の駐車場手前で、ワゴンRがお尻をふりふり登れずに渋滞を作っていました。HPでもタイヤチェーンの携行が勧められていますので前日の天気次第で考えたほうがよいですね。万が一、動けなくなってしまった場合には、なななんと「お助け隊」が出動してくれるみたいです。ありがたいけどちょっと恥ずかしい、それでも動けない時は恥を忍んで頼むしかないですね(笑)こちらもHPに電話番号が記載されていますよ。

コースなどなど

宝台樹スキー場はコース数16の最長2,600m、最高標高1,400mとなっています。Toshiが良く行く川場スキー場のTop1,870mにくらべると少し低めとなっています。ただし北側斜面となっているため、雪質もよいと評判のようです。この日も終日雪となっていましたので、コンディションは非常に良い状況でした。朝の駐車場も勢い良く除雪してました。f:id:tosi0825:20180126235750j:image

車を止めたP1にはトイレと更衣室もあるため、着替えなども便利です。ただ遠い場所に止めてしまうと雪の日なんかにはちょっと行き来が大変かもしれませんね。それと施設設備はちょっと古めです。着替えるだけなら寒さと雪がしのげれば十分です(笑)

宝台樹スキー場のリフト券は正規だと大人1日4,300円となっています。事前に早割券を購入していましたので、今回は3,100円(28%off)で利用させていただきました。今からの時期だと、コンビニで買えるものが一案お得だと思います。一日券4,300円+食事券1,000円で5,300円のところ4,500円(実質リフト券3,500円)となりますので、こちらを利用されてみてはいかがでしょう。注意点として、水上ICを降りてから、セブンイレブンファミリーマートと一箇所づつしかありませんでしたので、次でいいかなーと通り過ぎてしまうと買えませんのでご注意を。順番はセブンが先でファミマが後ですよ。

被圧雪コースは膝まで埋まる

前日より降り続いていた雪のおかげで、コースのあちこちで膝までバフバフでした♪

が、しかし上手くこなせずこけてしまうと、ハマって全く動けないという状況になるという辛いシーンが何度かありました。

f:id:tosi0825:20180129145550j:image

第9クアッドリフトから成平コースへ行ってみましたが、足を取られて何度も転んでしまい、ジタバタする羽目に‥。一回滑ってこちらはお腹いっぱいになりました。

その後は第10コースをメインに滑りました。こっちは谷地形を下って行くコースで、途中にはナチュラル クオーターパイプなる自然地形があります。壁を登っては下りを繰り返せるので、すごい楽しかったです!

ただコースが少し狭くなっている箇所なので、人が多い日は気をつけて動かないと危ないかなと思います。勢いよく壁を登って戻ってきた時に他の滑走者がいるかもしれませんのでね、注意です。

その他には 第8クアッドを利用してたんぽぽコースやファミリーゲレンデをちょこっと滑りましたが。緩斜面が続きコース幅が広めなので、練習にはちょうど良いのではないでしょうか。この日はコース端のパウダーに飛び込んでは出てを繰り返してました(笑)

コンパクトだけど、滑りごたえのあるコースが沢山。第7ペアリフトのあるパノラマコースからの非圧雪コースも気になっていたのですが、時間の関係でちょっとしか滑れなかったので、また次回の宿題にとっておこうと思います。

施設全体の古さは否めない印象がありますが、昭和生まれの自分からすると懐かしさも感じる所が逆にいいですね。ふつうの平日に来て今度はまったり楽しんでみたいと思いました。

 

日帰りボード☃ (川場スキー場 1回目)12月29日

どうもToshiです。年も開けて正月気分も抜け仕事が始まりましたね。年末年始は自宅や実家でまったり過ごしたり、大掃除をしたりしており今年は山篭りとはいきませんでした。ま、休みの都合といやつですがそれでも1~2回は行きたいなと思い、29日に日帰りで川場スキー場へ行ってきました。ちょっと荒れた天気でしたが、いい雪ありましたよっ!

「近くて便利」な川場

ふらっと行くにはちょうど良い距離にあるのが、Toshiの中では川場スキー場です。【首都圏から2時間で絶好パウダー!】の謳い文句通り、2時間以内に到着しますしね。去年もトータル6回利用で、かぐらに次ぐ頻度でした(笑)今年もお世話になりそうな気がします。12月29日というと、世間一般で仕事を納めて休みに入る日ということで、スキー場の混雑が印象にあります。普段平日にスキー場へ遊びに行くため、土日祝の混雑が正直かなり苦手です。リフトで並ぶのとかあまり経験がないもんで・・・土日休みの方すみません。去年末29日志賀高原でエライ目にあったのでちょっとだけトラウマですわ。 

tosi0825.hatenablog.com

 そんな頭でいたので、朝早めに行って混む前に帰ろうかなという感じで向かったわけです。f:id:tosi0825:20180111234124j:image

 8時には現地に到着をしたのですが、12月にしては雪多いなーという印象です。道路脇の雪すごくないですか?(笑)天気も晴れてそうだし、これは当たりか!?どうかなーと思ってリフトへ向かったのですが、荒れた日の川場は風が強いの忘れていました。クリスタルコース上部へ行くと、風が強くてよこから体を持っていかれるようでしたよ。救いなのは、フード付きのリフトという点ですが、やっぱり寒いもんは寒いです。f:id:tosi0825:20180111234538j:image

あと、天気が悪かったからでしょうか?思ったよりも人が少なくて、リフトで待つこともほとんど無く、意外とスイスイ滑れました。冬休み=遠くのスキー場まで足伸ばす=白馬・志賀高原激混み というのが大衆心理なんでしょうかね?わからんでもないですが、これはToshiの勝手な想像ですので気にしないでください。

※一瞬の晴れ間を撮ってみましたが、雪がすごく吹き飛ばされている図f:id:tosi0825:20180112002228j:image

今年のリフト券について

去年は6枚も買い込んでいた川場の早割券ですが、ノルマのようにこなしていた去年の反省?を活かして、今年は2枚のみの購入です(笑)いつも同じところばかりだと芸がないので、行ったことがないところにも行ってみよう!というのが今シーズンの密かな目標でもあります。ご新規さんで3~4か所を目処に計画していこうと思いますので、いろんな方のブログを参考にさせてもらったり、情報収集してみます(笑)

ちなみに今年の川場早割券は最安値が3,300円で去年と一緒でした。今シーズン中に来ている川場メルマガリフト券ですが、一日券+食事券1,000円+商品券500円付きで5,100円で、実質3,600円という金額でした。あれ?去年は5,000円だったような・・・。ちなみにHP上のWEB COUPONは同内容で5,600円となっていましたので、よく行く方はメルマガ登録しておいたほうがお得ですね♪

お昼はピザ&パスタのボスコ 帰りのデザートも♪

石窯で焼く手作りアツアツピザが食べれる所はスキー場ではなかなか無いですよね。高くてたいしてうまくないゲレ食は山ほどありますけど、ここは違いますよと言いたいです(笑)量はそこまで多くはないですが、30を超えた胃袋にガツンは不要です、美味しいものをちょっとづつ、を覚えてきましたよ(笑) (注)二人分です

f:id:tosi0825:20180112003130j:image

8時頃から滑り出したこともあって、お昼を食べたら気が抜けてしまいました。なので、午後は一本だけ滑って1時には終了です。早めスタート早め帰宅をすると、後が楽な事に気がつきました。

そういえば、去年から出店していたヒグマドーナッツがジェラート屋さんとコラボっていて思わず帰りに買ってしまいました。上手いことジェラートが隠れちゃってますけどね!(笑)ドーナッツの後ろに居ます。f:id:tosi0825:20180112004108j:image

個人的にはクレープよりもこっちのほうが好きですね、量も手頃だし。

そんな感じで早々と5時前には帰宅をした日帰り川場スキー場でした。今シーズン中まだまだお世話になると思うのでよろしくお願いしますよ。

 

 

 

 

湯沢1泊2日ボード2017年12月20日(2日目)

2日目はかぐらへ

どうも、Toshiです。記事を途中まで書いて下書き保存していたつもりが、普通に公開してしまっていたという事故を起こしました。(笑)恥ずかしい。2日目の内容を書いていこうと思いますが、年末年始はバタバタしており年を越してしまいました。

さて前日の失敗を取り返すべく、朝6時に起床し、前日のんだ日本酒も残さず完璧なコンディションで目覚めました(笑)

前夜からもずっと雪が降り続いておりましたが、明け方にはやみ12月としては非常に良いコンディションでしたよ。パウダー目当ての猛者が大勢いましたので、到着した頃には美味しいところはあらかたなくなっていましたが。。

かぐらスキー場のリフト券は前売り券で購入しておりました。2枚綴りで6,500円です。1人3,250円と通常4,700円から1,450引きと約31%引きです。が、なんとこの日はレディースデイで女性は3,200円となっておりましたので、奥さんには利用してもらいました。HPにも記載があり、週に1回12月から4月まであるみたいですが、全部平日ですので土日お休みの方には残念なお知らせとなってしまいます。そういえば、去年やっていたお得な県民デーや田代エリア限定券はまだかなと首を長くして待ってますよかぐら事務局さん。

f:id:tosi0825:20171231000822j:imagef:id:tosi0825:20171231000945j:image

スキー場は澄み渡る青空という言葉がぴったりの快晴でした、が、トップシーズンには雪がまだ足りずといった感じでした。みつまたエリアにあるスロープスタイルコースが楽しいのですが、こちらももう少し雪が積もったら楽しくなりそうです♬

 

行き帰りの楽しみに待ってろゲレンデ!当てるぜリフト券」キャンペーン♪

今年も高速道路の定額利用、ウィンターパスがネクスコ東日本から発売されています。通常練馬ICから湯沢まで利用すると、片道4,720円往復9,440円かかりますが、ウィンターパスを利用すると、往復6,500円で済みます。2,940円引きとかなりお得になります。4/9までは利用できますし、手前の沼田〜水上や、白馬方面などもありますので利用に応じてチェックしましょう!

で、その時見つけたもう一つのイベントが、「待ってろゲレンデ!当てるぜリフト券」キャンペーン♪というものでして、上里SA、スキー場、高坂SAで携帯を使ってスタンプラリーをします。帰りに高坂SAで抽選し、当たればリフト券、外れれば粗品というなんともシンプルなイベントです。500名までで、群馬・新潟・長野のスキー場が対象となってます。せっかくスキー場まで行くなら楽しみながら行くのも良いですよ笑

ちなみにToshiは神立高原で一度やってみました。f:id:tosi0825:20180104002302p:imagef:id:tosi0825:20180104002240p:image結果はハズレでしたが、何回か行く時に試してみたいと思いますので、経過はまたご報告いたしますよー。ちなみに粗品は貼れないタイプのホッカイロです(笑) 

湯沢1泊2日ボード (2017-2018シーズンイン) 2017年12月19日~20日

どうも、Toshiです。仕事も落ち着き、遅くなりつつも無事シーズンインすることができました。

12月といえば職場や友人らで忘年会が頻繁にありますよね。ちょうど前日に重なってしまうという引きの強さです。やらかさないようにーと、お酒の量には注意して、へパリーゼも飲んで、途中からは水も飲みながらコンディションを整えていたのですが、どうやら帰りの電車で寝てしまったらしく、全然違う駅で降りる羽目になり帰宅は午前様。そして、朝目覚めたら9時を回っていて笑ってしまいました。6時には出発する予定だったのですが、予定もへったくれもないですね!印象に残るスタートとなりましたが、湯沢へ到着したのは13時頃。もうスタートもゆっくりなら移動もご飯もゆっくりと開き直り向かいましたよ。なんなら洗濯も済ませてきましたから(笑)

初日ということもあり、リハビリのつもりで軽く滑ろうとなり、湯沢インターからもほど近い「神立高原スキー場」へ行ってまいりました。

神立高原さんはじめまして

f:id:tosi0825:20171228190139j:image湯沢駅からも非常に近く、シャトルバスがばんばん出ているようなので、電車でくる人にも非常にアクセスしやすいスキー場のようです。今まで存在を知っていたものの、行ったことがなかった神立高原。今回は午後券で滑れるところと近さと値段で白羽の矢が立ちました(笑)

スキー場自体はあまり大きくはなく、リフト5本のコース14本のこじんまりとした印象のスキー場でした。標高はTopが1,000mとボトムが460mとなっています。比較的傾らかな緩斜面が広く取られているので、初心者さんや今回みたいに練習するにはちょうどいい感じでしたよ。f:id:tosi0825:20171228190207j:image雪も多く12月としては大満足です山に挟まれた谷間にあるので、いい雪が積もるんですかね?大勢でうぇいうぇいしながら来るときにまた使ってみたいななんて思いました。f:id:tosi0825:20171228190227j:image

ホームページを見てみると、イベントも多くあり、水木金曜はレディースDayでリフト券+併設神の湯入局券5,000円→1,500円と破格だったり、リピーター用にポイントをつけて4回で無料リフト券をプレゼントしたり、ほぼオールナイト営業をしていたり結構気になります。

今回利用はしませんでしたけど、併設されている「神の湯」というお風呂があるそうで、滑ったあとの体を温めてさっぱりして帰れますね。仮眠室もあるようなので、前乗りする方には都合が良いのではないでしょうか。ただ、残念ながら平日は入浴のみみたいなので、Toshiは使えなさそうです(涙)www.kandatsu.com

お風呂併設のスタイルって結構あるんですね。前に丸沼高原スキー場に行った時に、楽チンと感動ましたが、調べてみたらガーラ湯沢舞子スノーリゾートなども同じ感じでした。ガーラ湯沢は駅もくっついているから尚便利ですよね、都市部の人向けというか。個人的にはスキー場併設のお風呂より、地域の浴場に行きたいのが本音です。(笑)

tosi0825.hatenablog.com

へぎそばと晩酌 駅ナカの使い方

新潟県の魚沼地方発祥おへぎそば。毎年一度はくるお蕎麦屋さん、去年も行った中野屋さんへ行き、へぎそばを食べて来ました。都内でも食べれるけれど、やはりその土地で食べると格別な気がしますね。f:id:tosi0825:20171230222752j:image

お土産で売っていたそばがき餅を買ってみましたがこれもまた美味でしたよ。f:id:tosi0825:20171230223016j:image

軽く夕飯を済ませたら、駅ナカをブラブラして晩酌用のつまみを探したわけですが、気になるものを発見。お土産用のコンビーフなのです!f:id:tosi0825:20171228185142j:imageなにやら美味しそうだったので購入してみました。かまぼこも購入して1,000円ほどなのでお財布にも優しいです。昔はスナック菓子をつまみにお酒も飲んできましたが、最近は胃が受け付けませんね。枝豆や冷奴などさっぱりしたものを好む傾向になりましたよ。

宿に戻って飲み始めたわけですが、購入したコンビーフはあぶらギッシュな感じがなく、あっさり?した感じで結構ぱくぱくとつまめました。かまぼこには紅しょうが入りです。これは文句なくうまいです。f:id:tosi0825:20171228185213j:image湯沢の駅ナカはお土産屋さんが非常に充実していますので、気になるものをつまみにして飲むという方法を覚えちゃいましたね(笑)他にも気になったつまみや漬物もあったので、ちょこちょこ試してみたいなと思います。

 

冬支度パート2

どうも、Toshiです。オープンするスキー場も増えてきましたね!まだシーズンインできずじまいですが、着実に準備を進めています今日この頃です。本日はメンテナンスに出していた板が戻ってきましたー的な内容でございます。

毎年シーズンインと対になるのがシーズンアウトの板の保管方法ですよね。ちょっとググればバインを外せーとか、ソールが酸化するー、ワックス塗ってーとかいっぱい出てくると思います。

ボード歴も何だかんだ10年を超えそれなりに過ごしてきたわけですが、そんな中、自分がどう保管しているかといいますと、ズボラなToshiはバインを外して、雑巾でゴシゴシして表面を綺麗にしたら、クリーナーでワックスを落とし、翌シーズン前まで冷暗所にてそのまま保管してます。しっかり乾燥させとけばエッジが錆びることもほぼ無いってのが体感としてあります。何度か油性マジックでエッジを塗って保護してみたこともありますが、効果があるのかは不明(笑)マッキーの先もエッジで二股になってしまったのはここだけの話です。

で、毎年11月ごろになったら板を引っ張り出して、毎年一回チューンナップに出しているんです。シーズン中あちこちぶつけたエッジはガタガタですし、最後はソールもカサカサになってしまってる訳ですよ、可哀想に‥。Toshiも30代中盤に差し掛かり、冬場や風呂上がりは板みたいにカサカサなので、化粧水は必需品。可哀想ですが、これも老化ですね。笑

f:id:tosi0825:20171207000246j:imageで、仕上がりはこんな感じです。

f:id:tosi0825:20171207001056j:image

急に濃淡がはっきりしたようにみえますが、水々しくまるで十代の肌みたいです。ちなみにここ数年お願いしているのが、WAX FUTURE(ワックス・フューチャー)です。ご存知の方も多いと思いますが、アイロンと違い80℃以下の温度で滑走面に赤外線を照射して、板を内部からあたためて、ワックスをより高く浸透させる機械なんです。1回7~8分で、長時間高温にさらすことはないのでスキーやボードに対するダメージはほとんど無いと言われています。 

Toshiの体感的な話ですが、ベースワックスで入れておくと、3月ぐらいまでストレスなく滑れる印象です。滑走ワックスは都度塗りますけど、なくてもいい感じに滑ってくれるんで結構重宝しますよ。チューンナップとセットで、約8,000円でしたが、緩斜面で進まないストレスが無くなるので、使ったことが無い方は是非試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに前回、今回と利用しているのはこちらのピステさんです。http://www.pst-web.com

参考までに!

冬支度

どうも、Toshiです。寒波きましたねー。スキー場では人工降雪機をつかったり忙しのではないでしょうか。新潟山間部は雪のようで、かぐらスキー場のHPを確認したところ、なんと積雪が40cmになっていました(笑)しっかりと根雪になってもらいたいですね。かぐらスキー場は11月23日(祝木)からオープンの予定となっていますので降雪期待です。

早割リフト券が届いた件

11月に事前購入していたリフト券が手元に届きました。今年は行ったことのないスキー場にも行ってみようと思い、何枚か購入しています。シーズン終了時にまたリフト券の平均単価も出してみたいなと思いますし、かかった費用などある程度出しながら参考になればと思います。f:id:tosi0825:20171116225117j:image

SURF&SNOWで早割券を買おうとしていたのですが、ウィンタープラスの方が手数料がかからなかったので、今回はこちらで買ってみました。全部で7日分です(笑)流石にこれ以上増やすと、後が大変ということで、そこそこの枚数にしておきました。

今年もきっとかぐらがメインになるんだろうなと思っているのですが、去年は過去記事にも書いていますが、県民デーというイベントが上手くハマり、ほぼリフト券3,000円という非常に嬉しい状態でした。今年も何かしらのキャンペーンをするはずと思っていますので、HPはこまめにチェックしていますよ。かぐら感謝デーが今年も平日なので、おしること日本酒をゲットしてきたいと思います(笑)

tosi0825.hatenablog.com

f:id:tosi0825:20171116225148j:image

ちなみにリフト券のラインナップこちら。

川場・宝台樹・かぐら・八海山・志賀(焼額山)・妙高杉ノ原・さかえ倶楽部を2人分購入しました。正規値段で計算すると1人51,600円×2=103,200円のところ、今回は41,700円+送料500円で購入できました。割引率は40%OFFですからかなり抑えられたんじゃないでしょうか。これから交通費やら宿泊費・食費なんかもかかりますが、知恵と工夫で今年も乗り切っていきたいと思います(笑)