平日スノーボーダー☃

平日スノーボーダーのtoshiと申します。 学生からスノーボードを初めてかれこれ10年。 最近は雪にどっぷり浸かったシーズンを過ごしています。 このブログでは訪れたスキー場や、近くのご飯処などを ダラダラ書いたりしていきます。 1985年、山梨県生まれ、東京都に生息中

湯沢1泊2日ボード☃(石打丸山スキー場) 2017年1月17日~18日 

どうも、toshiです。1月中盤は、また湯沢エリアへ行ってまいりました。首都圏からも行きやすいこともあり湯沢びいきなシーズンを謳歌しておりました!同じところばっかり行くと書くネタが無くなるので、なんとか思い出して書いていきたいと思います。

石打丸山スキー場について

石打丸山スキー場 – ishiuchimaruyama

石打丸山スキー場は、関越自動車道「塩沢石打」ICから5分とアクセスの良いスキー場です。そして規模も大きく、「石打丸山スキー場」「GALA湯沢スキー場」「湯沢高原スキー場」がリフトでつながっており、連絡リフトで行き来することができます。その場合は三山共通リフト券なるものが必要となりますが、toshiは使ったことがありませんね。石打丸山スキー場だけで十分楽しめますから。

標高としては、トップ約920メートル、ボトム約250メートルとなっていますので、先日行ったかぐらスキー場よりも低いことがわかります。気温が終日マイナスであれば、雪質も良いですが、0度近くなるとべちゃっとしてくる印象です。

コース数は多く22本あり、いろんなコースを楽しむことができます。下から上まで一本で行けるリフトは無く、乗り継いでいかなければならないので、距離を滑ると登るのも時間がかかるのがネックです。気に入ったコースを見つけて回すのが好きなtoshi的には、頂上からメルヘンコースを使って、途中から山頂ゲレンデを下り高速リフトを使うか、パラダイスコースで回すのが定番です。山頂からのメルヘンコースは林間なので地形も多く、合流してからは高速クルージングもできます。また、パラダイスコースは地形の壁があるので、登ったり降りたりと遊べます。

リフト料金は大人4,300円、ランチパック券が4,600円(900円分食事券+特典(スクール、レンタル、ハツカ石温泉の10%割引))ですから実質リフト券3,700円でまあ普通かなと思います。ちなみに早割券で購入すると、最安値は2,800円で購入できます。かなりお得ですので、シーズン中に1回ぐらい行きそうだなと思うのであれば買っておいても損はないと思います。

早割券はここ 国内最大級のスキー場・積雪情報サイト ‐ SURF&SNOW

天気は大雪!でも・・・

17日は会社の方々と総勢12名という大所帯で遊びに行きました。大勢でワイワイするのも楽しいですよね。同行者の中では上から2番目の年長者だったので、ノリが若くてついていけないところも時々ありあますが、まだイケると思います(笑)

大所帯になると、何かと時間がかかるものですよね。レンタルをしたり、着替えだったり、途中の休憩だったり、なあなあな時間も多く発生するので実質滑る時間が減ってしまうのは少々残念です。ヒトリストや少数精鋭で行くとストイックに滑れますが、今回はレジャー感覚でした(笑)

そうそう、リフト券についてですが早割券を購入していなくても、町場のレンタルショップやお宿で一定量取り扱いがあるので、うまく利用するれば少し浮きますよ。

冒頭で触れたようにこの日は大雪でした。が、気温が高く0度~1度ぐらいだったんです。何が起こるかというと、雪がウェアにつくとたちまち溶けますので、ビショビショになるんですよ。すごーくテンションが下がったのを覚えています。そんな天気だったので写真も撮っていません(笑)

石打丸山スキー場は晴れた日の頂上からは、美しい下界の様子が見れるんですね。これが見たいのもここにくる理由の一つですね。(注 いつか来た晴れた日の写真)

f:id:tosi0825:20170419232343j:plain

あと、石打丸山スキー場にはベースゲレンデが3つあります。「ハツカ石口」、「中央口」、「観光口」で今回行ったのは「ハツカ石口」でした。というのも、ここは駐車場前のエリートコースが初心者コース、その上のサミットゲレンデも初心者コースという構成になっているので、初心者を連れて来やすい場所となります。サミットゲレンデはコース幅もあるので教える方も教わる方も楽です。

もう2つのベースゲレンデですが、「中央口」はリフト自体は長いのですが、初心者コースのスポーツマンコースが、一部コース幅が狭いため、混雑したり滑りにくいんですよね。「観光口」に関して言うとベースゲレンデがダイナミックコースで上級者向けとなっています。総合的に判断して「ハツカ石口」でしたので、石打丸山スキー場に行く際は参考にしてみてください。

 

お宿について

会社の人達と行く際には、実は会社保養所(マンション)があるのそちらを利用しています。宿代はリネン代だけなので1,000円程度と非常に重宝しております。サラリーマンの方は自分の会社に保養所があるのか、また福利厚生がどうなっているのか調べてみるといいと思いますよ!ちなみに健康保険についてですが、所属している健康保険組合でも保養施設が共同利用できたりします。例えば関東ITソフトウェア健康保険組合、東京不動産業健康保険組合、東京アパレル健康保険組合などさまざまな組合がありますので、所属している団体を調べてみると、お得に利用できるかもしれませんね(笑)

 

 湯沢の人気料理屋「森瀧」

森瀧

食べログ森瀧

シーズン中に2,3度かならず訪れるお店です。圧倒的なコスパの良さでいつもお世話になっています。ちなみにこちらの森瀧は平日でも予約必須ですよ。夕飯時はふらっと来ても入れず帰る方をよく見かけます ので事前に電話をしましょう。

料理の方でおすすめは舞茸の天ぷら(2人前)

f:id:tosi0825:20170420000138j:plain

これを塩や天つゆで頂きますが、まあ美味いんですわ。

あともう一つがうどんすき

f:id:tosi0825:20170420000308j:plain

寄せ鍋で野菜・魚介の具に最後に細めのうどんを入れるのですが、優しい味で体が温まります。これにビールを頼み飲むのが最高です(笑)米どころ新潟ですから日本酒もいろんな種類がありますので是非使ってみてください!