平日スノーボーダー☃

平日スノーボーダーのtoshiと申します。 学生からスノーボードを初めてかれこれ10年。 最近は雪にどっぷり浸かったシーズンを過ごしています。 このブログでは訪れたスキー場や、近くのご飯処などを ダラダラ書いたりしていきます。 1985年、山梨県生まれ、東京都に生息中

湯沢一泊二日ボード(かぐらスキー場)2018年2月28日

どうもToshiです。更新まで間が空いてしまいました‥。今年は四月、五月にプライベートでの予定が重なってしまったため早々とシーズンアウト➕更新できず。気がつけば6月なのにまだ2月末の振り返りなので、去年とまったく同じ現象です(笑)記憶と写真を頼りに残りも作っていきたいなと思います!

2日目?はかぐらスキー場(田代エリア)へ

前日のまさかの滑れない1日を過ごしたわけですが、考えてみると冬の時期に休まず毎週滑りに行くと、どこかで息切れを起こすんですよね。体力の限界値が低くなったのであろうと思いますが、受け入れたくない瞬間です‥‥。そんな時にあえて1日は滑らないでゆっくりしてみるという楽しみ方もあるのかなと、ボンヤリとですが思いました。発想がジジイになりかけてる気もしますが、幅を広げゆとりを持つ事も大人への道だろうと思った訳であります。(笑)

かぐらスキー場の田代エリアは平日行くと比較的空いているため、基本練習や大きなターンをするのに向いていると感じます。田代エリアはゴンドラを上がったあと、ひと滑りしながらペアリフトを目指すのですが、目の前の田代第1ゲレンデの一枚バーンは滑りごたえがありますね!f:id:tosi0825:20180526211558j:image

田代エリアの難点は、ゴンドラから先に進むために一度滑り降りなければならない点ですかね。迂回路もありますが、多少滑れないとここで時間をロスする事となってしまいますので、初心者と行く場合には多少配慮が必要かと思います。

先を進み、いつものように田代第1高速リフトを目指しグルグル回すのですが、ハイ、人がいません(笑)

f:id:tosi0825:20180526212657j:image殆ど貸切みたいな雰囲気が、平日の田代では味わえますゆえおススメです。コソ練にはもってこいなので、平日来れる方は一度味わってみてはいかがでしょうかー。

施設が素敵なレストラン「アルム」

ここもなんども来ているので、たまには違うものを食べてみようと、オムライスを頼んでみました。

ん?ちょっとビジュアルが中途半端な‥開ききっていない笑  味はいいのですがビジュアルがイマイチ、値段も確か1300円ぐらいでしたので、ちょい高めですかね。個人的にはもう少し量が欲しいところです笑
f:id:tosi0825:20180603202545j:image

f:id:tosi0825:20180606231235j:image

今年もやってた県民デー(比較版)

そういえば、去年だいぶお世話になった県民デーが今年もやっていたので比較用にとっておきました。(※今年のは3月になってから撮った奴です笑)

f:id:tosi0825:20180606232133p:image
f:id:tosi0825:20180606232127p:image

去年はリフト券のみで3000円でしたが、今年は1000円分の食事券付きで4300円でしたので、実質300円の値上がりと言う結果でしょうかね。景気が上向いたからの値上げなのか、依然私のサイフはホクホクには遠い位置なので、しょんぼりしてしまう内容ですが仕方ありません!まあ、前の値段設定が安かったきもしますけどね笑

今のところの最安値は前売券の2枚綴り6,500円かなと思いますが、日にちが合えばこの県民デーも引き続き使って行きたいなと思いました。来年もありますようにっ!