平日スノーボーダー☃

平日スノーボーダーのtoshiと申します。 学生からスノーボードを初めてかれこれ10年。 最近は雪にどっぷり浸かったシーズンを過ごしています。 このブログでは訪れたスキー場や、近くのご飯処などを ダラダラ書いたりしていきます。 1985年、山梨県生まれ、東京都に生息中

日帰りボード☃️(妙高杉ノ原スキー場)2月20日

どうもToshiです。花粉の時期ですね。外回りの仕事にはキツイ季節となってきました。毎年の事ですが、やっぱり辛い。そんなときは外回りから帰った際にアイボンと、コンタクトのすすぎをしています。めちゃスッキリして仕事中のパフォーマンスにかなり差がでますのでおススメです(笑)

 

久しぶりっ!妙高杉ノ原スキー場

今回は豪雪地帯の新潟県妙高エリアへ遊びに行って来ました。f:id:tosi0825:20180325213154j:image本来なら泊まりで行きたい距離ですが、つれのスケジュールもあり日帰りで行く事に。めでたく日帰り最長記録更新となりましたね(笑)

家からスキー場までの距離を調べたら往復520km、うち下道区間は20km。全行程の96.2%は高速道路というなんとも時間の読みやすい工程となりましたが、単調なフル高速は辛かったです。。

学生の頃毎年来ていた場所でしたが、いつしか時間効率を重視するようになり、しばらく足が遠のいてしまっていました。頻度は減りましたがToshiが大好きなスキー場の1つです!

基本情報ですが、ゲレンデトップが1,855mと結構高い場所になります。ボトムは731mとやや低めなので、場所で雪質が全然変わってしまいます。良い方に変わるといいんですけどね、この日は生憎の曇天。f:id:tosi0825:20180325212809j:image運命だと諦める事も肝心ですね(笑)

ちなみに同じプリンス系のかぐらスキー場もトップが1,845m、ボトムが620mと似たような環境ですよ。ただ、縦にながーい妙高杉ノ原スキー場、おまけにコース幅もあるので滑りごたえ抜群です。縦に長いその距離は最長8500mというスパルタン仕様ですので、足腰に自信のある猛者は是非ノンストップで滑ってみてください(笑)

さてさて、妙高杉ノ原スキー場は杉ノ原エリアと三田原エリアの2つに分かれます。杉ノ原エリアはゴンドラが利用でき、比較的なだらかな斜面が続くので、初心者向けのエリアだと思います。ゴンドラだけでも3km程ありますので反復練習にはもってこいいだと思います。

三田原エリアは 初級パノラマゲレンデにかかる三田原第2高速リフトと、中上級のしゃくなげコース、スーパージャイアントコースがある三田原第3高速リフトがメインとなります。全長1kmのSUGIパークもありますので、パウダー、フリーラン、パークとなんでも遊べますよ。個人的にはこの三田原第3高速リフトが1番好きですね。

 

上へ参りますっ!

車を駐めてゴンドラへ乗り上部を目指すわけですが、この日は見通しの悪い霧状態で雲の中を滑る事となりました。f:id:tosi0825:20180326001411j:image多少雪も降っていましたのでコンディションはまずまず。ただ前が見えないので、おっかなびっくり滑るしか無いというつまらない状況になっていました。とりあえず最上部まで行こうと、三田原第3高速リフトへ乗ると、上部は雲の上でした♪f:id:tosi0825:20180327000639j:image

しゃくなげコースを下り第3高速リフトをひたすら回す事となりました。この第3高速リフトはしっかりとフードがあるため雪や風をしのいでくれます。寒さなんてなんのその!ですが、風で止まることもしばしばあるのでご注意をっ!

雲海にダイブ!を繰り返しましたが、お昼が近づくにつれて雲が下がり晴れてきたので、見通しのきく環境となりましたよ!このでっかいスケールのゲレンデがたまらないです(笑)f:id:tosi0825:20180327005429j:image 

ランタイムっ!

パノラマゲレンデ下には個人経営の三田原食堂街があります。スキー場のフードコートもいいですが、こういった個人経営のお店も魅力的です。今回初めてレストランサンアントンを利用してみました。店内はテーブル席でざっと30~40人ぐらい入れる感じで、二階の席もあるようでしたよ。で、焼肉丼とカツ丼を注文しまして、焼肉丼はにんにくが効いていて 非常においしく食べごたえもありました。臭が気になりますが後のことはひとまず置いておきましょう。f:id:tosi0825:20180329082246j:image

そして、ここのお店では小サイズソフトドリンクか小ビールがサービスで頂けて、なおかつ野沢菜付けもセルフというなんとも嬉しいサービスつきでした。雪山で飲むビールは平地の1.5倍増しにうまいと信じているので非常にありがたいです。雪山でちょっと楽しむことができるという素敵なサービスでした。f:id:tosi0825:20180329080635j:image他のメニューもまた試してみたいです。

久々に来てみて

いやー、やっぱりでっかいスキー場はステキです。コースレイアウトも初中級が多く、練習しながら滑るには十分すぎる広さがあります。

大勢で来てもみんなでワイワイできるでしょうし、コース幅が広いこともあるので比較的安心して滑れるのではないでしょうかね。

個人的には降雪時に朝イチ非圧雪のスーパージャイアントやスーパーモーグルコースを滑ってみたい願望があります。昔々来ていた頃には非圧雪の楽しみ方も知らない状態でしたから(涙)その為には深夜発か前泊必須な気がします。日帰り片道3時間の高速は割とハードな部類だと改めて実感しました。

ついでに妙高杉ノ原スキー場のリフト券割引についてですが、正規料金が4,500円となっています。プリンス系気持ち高めでしょうかね。前売り券は3,100円と約32%オフとなりましたが、距離がある分高速代とガソリン代が、かさみます。高速代はドラプラのウィンターパスを利用していくと、首都圏〜志賀・白馬・妙高プランが往復8,500円で利用できます。通常は往復11,860円かかるので、3,360円お得になるのでチェックしときましょう。2人で行って来たので割ると大体12,000円ぐらいでしょうかね。体力面やお財布面や時間で考えると良くはないですが、非常に満足度の高いものとなりました。次回は泊まりでまた遊びに来ようと思います。